So-net無料ブログ作成

Windows 2003 Server ターミナルサーバーのメモ [その他]

クライアントは全て Windows XP Pro(SP2)で、ターミナルサーバーへの接続には[リモート デスクトップ接続]を使用します。
[リモート デスクトップ接続][アクセサリ][通信]の中にあります。

・ターミナルサーバーへログオンするユーザーを作成する
 [管理ツール][コンピュータの管理]でターミナルサーバーにログインするユーザーを作成する。
 作成したユーザーのプロパティを表示させて、[所属するグループ][Remote Desktop Users]を追加する。
 [ターミナル サービスのプロファイル]タブを選択して、下のほうにある[ターミナル サーバーへのログオンを許可する]にチェックを付ける。

これで、ターミナルサーバーへログオンするユーザーが作成できました。
あとは、リモートデスクトップでログオンできます。

・ターミナルサーバー側のスクリーンセーバーを起動する
 通常だとリモートデスクトップ側ではスクリーンセーバーは起動しません。
 そこで、ファイル名を指定して実行に[gpedit.msc]と入力して実行します。
 [グループ ポリシー オブジェクト エディタ]が起動したら、[ユーザーの構成][管理用テンプレート][コントロールパネル][画面]を選択します。
 その中のスクリーンセーバー関係の設定を有効にします。

 ・スクリーンセーバーを使用
 ・スクリーンセーバーの実行可能ファイル名
 ・スクリーンセーバーパスワードで保護する
 ・スクリーンセーバーのタイムアウト

この中で、スクリーンセーバーの実行可能ファイル名を指定するときには、C:\Windowsフォルダにスクリーンセーバーを入れて置いてください。
それで、ファイル名のみを指定します。(たぶん、フルパスで入力しても大丈夫とは思いますが)

・ターミナルサーバー側のサウンドを再生する
 ターミナルサーバー側に、サウンドボードが無くてもリモートデスクトップ側で再生できるようです。
 もちろん、リモートデスクトップ側には、サウンドボードがいりますけどね。

[管理ツール][ターミナル サービス構成]を起動します。
起動したら、左のツリーから[接続]フォルダを選択して、右のリストの[RDP-Tcp]のプロパティを表示します。
[クライアントの設定]タブを選択して、下の方にある[無効にする設定]の中の[オーディオ マッピング]のチェックを外します。

リモートデスクトップでターミナルサーバーに接続して、[コントロールパネル]からサウンドの設定をします。
このときのオーディオドライバーは[Microsoft RDP Audio Driver]になってます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1